生冷凍のカニの解凍方法

私がカニ通販をしていて特に生冷凍のズワイガニの解凍が原因でカニ購入後の問い合わせやクレームが
起こったことがものすごく多かったです。
カニの解凍のトラブルで一番多かったのが写真のようにズワイガニの身が黒く変色するというトラブルです。
カニ 変色

このように生冷凍のカニの解凍の仕方を間違えるとガッカリなことになります。
今回は失敗しないカニの解凍の仕方について取り上げますね。

カニの解凍の良し悪しでカニの味が断然変わる

上の画像ではカニの一部が黒変しているのですが時間が経つとカニ肉の全部が真っ黒になります。
さらに悪いレビューでよく書かれた
「全然カニの味がしなかった」
というのも解凍が原因の場合が多いのです。

 

カニの解凍は生冷凍とボイル冷凍で全然違う

通販でカニを買うときって冷凍のものが9割にのぼると思います。
そのなかでも冷凍のカニとは
ボイルした後に冷凍したものと生冷凍のものが存在します。

 

ボイル冷凍カニは解凍したらすぐに食べられるカニを指して
生冷凍のものはカニしゃぶやカニ鍋、カニすき、焼きガニ、蒸し蟹など料理する前提のものとなります。

 

生冷凍とボイル済みのカニでカニ鍋やカニしゃぶをやった場合はボイル済みのカニは茹でる際に旨みが流れ出てしまうため、
断然生冷凍のカニのほうが美味しくなるのです。

 

しかし、生冷凍のカニというのはボイル済みのカニよりも解凍方法を間違えるとカニの身が変色したとか、カニの味がしないとかガッカリすることになります。
それでは生冷凍のカニでこれやっちゃダメな4つの方法をまとめます。

 

室温や冷蔵庫内でゆっくり自然解凍する

室温や冷蔵庫内での自然解凍というのは一般的な解凍方法ですが
実は生冷凍のカニで一番やっちゃダメな解凍方法です!
これをやると生冷凍のズワイガニはほぼ確実に黒く変色してしまいます。
ちなみにこの黒い変色というのは腐っているわけじゃないので食べても問題ありません。

 

しかし、カニの身が酸化しているため、変色して見た目もグロくて食べる気が起こらず
なおかつカニの旨みも流れ出ているのでものすごくマズイです。
ネットでカニの解凍方法を検索したときに生冷凍もボイルのものも一緒くたにされて
「時間をかけてゆっくり解凍しましょう」
って自信満々に書かれているサイトがありますが

「このド素人が!!」
って罵りたくなります。
生冷凍の正しい解凍の仕方の動画を貼り付けますね。

この動画の冒頭部分のように流しで袋ごと流水解凍をして短時間で解凍するようにしましょう。

解凍のポイントは
完全に解凍しないでカニの身の芯が少し凍っている状態がベストです。
解凍自体は10分~20分ほど氷が融けてくれるので、解凍したらすぐにカニ鍋やカニしゃぶなどにしましょう。
すでに正しい解凍方法を説明しましたが余談で生冷凍でこれやっちゃダメな行為をまとめます。

 

解凍しないでカニを鍋に投入する

たぶん、こんなことをやっている人は0人説ですけど、いちおう説明します。
生冷凍のカニというのはほぼ例外なく、グレースと呼ばれる氷の膜で覆われています。
この氷の膜がカニの乾燥や変質や変色を防いでいます。

 

そしてこの氷の膜には添加物が入っていて、亜硫酸ナトリウムやエルソルビン酸ナトリウムというものです。
こちらの添加物はカニの製造時に基準内の濃度ですし、解凍でしっかり水切りをすれば大半が流れ出してしまいます。

 

しかし、解凍ぜずに鍋にドボンと入れると、グレースが鍋に溶け出してしまい味が悪くなってしまいます。
また、冷凍したままのものを鍋に入れると、鍋の温度が不安定になって美味しく煮えなくなります。

 

ダメ!絶対!電子レンジの解凍

電子レンジでカニを解凍する行為

電子レンジってあたためや解凍したり便利ですよね。
カニの解凍に電子レンジは絶対使っちゃダメです!

電子レンジで解凍するとカニの身の組織が壊れて、パサパサになって旨みが抜け出してまずくなります。
カニの解凍に電子レンジを使っちゃダメとは、どこのカニ通販ショップでも警告しています!
生冷凍のカニは解凍には時間がかからないので流水解凍で手早く解凍してくださいね。

 

食べきれないカニを再冷凍や冷蔵庫にしまう行為

生冷凍のカニを食べきらないので未調理のまま、再冷凍や冷蔵庫に保管するのもやってはいけません。
どうしても食べきれない場合は生の状態で冷蔵庫や冷凍保管をするのではなく
一度火を通したものを保管して、次の食事に召し上がるようにしましょう。

 

生冷凍のカニの解凍の仕方のまとめ

ボイル済みのカニの解凍はそれほど神経質にならなくても、甲羅を下にして自然解凍で問題ありません。
カニの素人が生冷凍のカニもボイル冷凍のカニと一緒の方法でゆっくり解凍しましょうって書かれていて、本当に残念な気分になってしまいます。
私がカニ屋の店長をやっているときは解凍の仕方を周知させるために、パンフレットを改良して解凍の仕方を目立つように作り変えました。
カニというのは年々高騰していて年に何度も食べられないものになってしまいました。
カニの解凍を間違えたために残念な気分にならないようにこの記事を書いてみました。


カニ 通販
食材・食品ランキング

カニ通販 ランキング
元カニ屋店長オススメ カニ通販ランキング


楽天 カニ
【知らないと損する】楽天ポイントの裏技