カニ通販 後払い

カニ通販に限らずに
通販業者というのは

日々売上を増やす=利益を上げる

という行動に勤しんでいます。

現実的にメシを食ってゆくために
たくさん売って利益を上げることが
至上命令となるわけです。

支払い方法を増やすのも
サイトに来たお客さんに
商品を買ってもらうための
工夫というわけです。

カニ通販での後払いシステムとは

今では
NP後払いとか
ニッセン後払いとか
GMO後払いとか
後払い.comとか

後払いシステムを請負う会社が増えています。

これは後払いシステムの会社が
独自の審査システムを使って
与信審査を行います。
審査が通れば商品を発送して
後日、請求書が届いて
銀行やコンビニで代金を支払うものです。

クレジットカード会社とは
信用情報の共有はしてないようで
ブラックリストに乗っていても
NP後払いはたぶん使えると思います。

昔の後払いはリスクがメチャ高い

では、NP後払いなどがない時代の
後払いシステムはどうしていたのか?

注文を受けていきなり商品を送ります。

商品と一緒にパンフレットなどの
販促物と一緒に郵便や銀行の払込票を
一緒に入れて発送します。

荷物が届いたら
お客さんが払込票をもとに
銀行や郵便局で代金を支払う
というシステムです。

さしずめ
業者間で掛取引するみたいなものですね。

後払いを使う背景に
安心して通販を利用してもらうのに
商品を先に送って
後ほどお金を払ってもらうわけですね。

しかし
個人向の掛取引みたいな後払い決済は
代金未回収のリスクがハンパないわけです。

後払いの客さんが支払いを忘れたり
初めから代金を払う気のない場合もあるのです。

私の勤めていたカニ屋では
このような後払いシステムは
使っていませんでしたが
他の部門の電話営業の方では
昔に使われていたと聞いています。

後払いシステムがあった背景には
性善説的なところがあって

商品を受取ったら代金を支払う

という真っ当な常識となりますが
実際に一定数すっとぼけたり
初めから支払う気のない輩がいるわけです。

はっきり言って
通販で商品を後払いで注文して
商品が届いたにもかかわらず
支払いをしないというのは
取り込み詐欺ですからね。

そんなこともあって
今はNP後払いのような
業者を挟んでの後払いが
主流になっていますね。


カニ 通販
食材・食品ランキング

カニ通販 ランキング
元カニ屋店長オススメ カニ通販ランキング


楽天 カニ
【知らないと損する】楽天ポイントの裏技