日本でカニといえば
北海道ってイメージが強いですよね。

北海道の次に思い浮かぶのは
越前ガニで有名な北陸や松葉ガニの山陰地方といったとこでしょうか。

そんなカニ王国の北海道の人はカニを飽きるほど食べてるのか?
ってことがきになりますよね。

北海道人のカニ事情

現在の北海道で盛んに漁をしているのは毛ガニです。
毛ガニはオホーツク海側と太平洋側で盛んです。

次いで稚内での日本海の紅ズワイガニとか
根室の花咲ガニが有名ですね。

実はダラバガニやズワイガニって
獲れないわけではないですが
数があんまり獲れないんですよね。

ところで
北海道にはカニ屋が結構多いですね。
特に道東や道北の
稚内や紋別、網走、釧路、根室なんかは
市内や海沿いの幹線道路を車で走っていると
カニの直売所をよく見かけます。

北海道の人はカニを食べ放題?

そんなこともあって

「北海道の人は普通の食事でカニが出てくる」

というイメージを持っている人もいそうです。

しかし、生まれも育ちも北海道の私は
生まれてこのかたカニ屋に勤めるまでは
カニは年に2,3回くらいしか食べたことがないです。

そして
カニを食べる時期も年末ではなく
夏場だったり秋だったりします。

北海道に住んでいる人で
カニを食べ放題できる人って
カニ漁師のツテのある人しかいないですね。

それでも20年前くらいは
カニはまだ安く食べられましたね。

街のイベントなんかで
毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニが
90分食べ放題で3,000円とか。

そんな時代を懐かしく思い出しましたが
今はおいそれと手が出ないです。

そんなわけで元カニ屋店長も
カニ屋を辞めて以来カニにはありつけないです。

カニ屋に勤めて初めてのカニ鍋やカニしゃぶを食べる

そんなこともあり
北海道の人は意外とカニを食べてないです。

私自身もカニといえば
ボイル済みの毛ガニやタラバガニ、ズワイガニで
生冷凍のカニという存在を知りませんでした。

カニ屋に勤めて初めて
生冷凍のズワイガニやタラバガニの
カニしゃぶやカニ鍋を食べたくらい
以前はカニに縁のない生活をしてました。

初めてカニしゃぶやカニ鍋を食べましたが
ボイル済みのカニとはまた別物ですよね。

そして
カニというものが冬の季節の食べ物で
年末年始の需要がメチャメチャスゴイことを
カニ屋に勤めて初めて知りました。

そういう意味では
北海道の人よりも北海道以外の人のほうが

カニを食べてるし
カニのことをよくわかっていると思います。

しかし
飽きるほどカニ食べたいですよね。


カニ 通販
食材・食品ランキング

カニ通販 ランキング
元カニ屋店長オススメ カニ通販ランキング


楽天 カニ
【知らないと損する】楽天ポイントの裏技