北海道 タラバガニ

タラバガニは太い脚の肉が食べ応えがあって
カニの中でも1位2位を争うくらい人気のカニです。

ここ1,2年は
ロシアから日本に対してのタラバガニの
輸入制限が入ってタラバガニの輸入が
激減してしまって需給バランスが
崩れてしまい品薄状態となっています。

タラバガニというのはカニではなくヤドカリの仲間

もはや有名になりましたが
タラバガニというのはカニではなくヤドカリの仲間ですね。
これはカニの足が4対あるのに対してタラバガニが3対しかないのが
ヤドカリの仲間ということを象徴しています。

そしてタラバガニというネーミングは
鱈の漁場の近くに生息することから鱈場蟹と言われています。

ロシア産のタラバガニの輸入規制

現在はロシアから日本へのタラバガニの輸入が減ってしまって
それがそっくりそのまま中国や韓国に流れてしまっている有様です。

ロシアからのカニが入ってこないため
北海道の稚内や紋別の水産加工業者はマジメに仕事がない危機的状況なほどです。

そこで
ロシアからタラバガニが入ってこないため
最近ではノウルェー産のタラバガニが
代わりに入ってきていますが本格的ではありません。

ノルウェーのタラバガニについて

ノルウェーのタラバガニは
旧ソ連時代にカムチャッカ半島より
大西洋側のバレンツ海にタラバガニを
移入させて養殖させた外来種となります。

バレンツ海にはタラバガニの天敵の
タコやオオカミウオなどがいないこと
タラバガニを獲って食べることもなく
大繁殖しているそうです。

おかげでノルウェーの海はタラバガニが
海底の海草や魚や貝を食べ尽くす
海のギャングとして厄介者になっている
現状でもあります。

日本のタラバガニの現状といえば

話を戻して日本のタラバガニはというと
昔は静岡県駿河湾や徳島県沖の深海で
タラバガニの捕獲が記録されていますが
今の日本の太平洋では存在してないと思います。

では、日本海やオホーツク海はというと
たしかにタラバガニは生息はしているのですが
本ズワイガニ同様に流通するほどの数が獲れないのが現状です。

数年前は
日本のオホーツク海沿岸で獲れたタラバガニを
フラワーポーション(刺身)の冷凍品を
売っていた時期もありますが現在では
ほとんど獲れないためそれ以来見たことがありません。

そのためここしばらくは
タラバガニの値段というのは
値段が下がる要因は見当たらないですね。

余談 青いタラバガニが見つかる

タラバガニは英語でRed king crabと呼ばれます。


画像引用:nationalgeographic.org

上の画像を見てわかるとおり活ガニの状態では体色が赤褐色です。
これがボイルや焼きガニにするとオレンジ色っぽいよく見る色に変わります。
これは大多数のカニやエビで起こる作用ですね。

2014年2月に真っ青なラベンダー色のタラバガニが発見されました。


画像引用:日本の青いカニ 海外でも注目 ライブドアニュース

ちなみにアブラガニは英語でBlue king crabと言って褐色にうっすら青い部分があります。

しかし、この青いタラバガニはモロの真っ青なボディをしています。
これは北海道札幌市の蟹卸売のマルサン三上商店が偶然発見したものです。

この青いタラバガニはアメリカのアラスカ州でも発見されたようですね。

このアラスカの青いタラバガニはアブラガニっぽいですね。
その理由が
殻全体が油を塗ったようにテカテカしている点と
甲羅や脚のトゲの数が少なくてマイルドな感じがするからです。

たぶんこの青いタラバガニもボイルをすると
鮮やかな赤い色になると思います。
すごく不思議ですよねー。