イバラガニというタラバガニの仲間のカニ

北海道 イバラガニ
引用元:カネ活渡辺水産

タラバガニの仲間にイバラガニというカニが存在します。
このタラバガニの仲間であって
見た目が凶悪な姿のカニについて語りますね。

イバラガニの生態や市場価値について

写真のように
見てくれはタラバガニなのですが
タラバガニよりもトゲトゲしていて
生きている時の体色が赤茶色で
ボイルすると鮮やかなオレンジ色
になるカニです。

生息域は日本とロシアで
オホーツク海と太平洋、ベーリンク海の
水深500m~1100mの深海に生息しています。
なんと房総沖や相模湾、駿河湾でも
イバラガニが獲れているのです。

正式名称はイバラバニモドキ

そして
調べたところ正式な名前は
イバラガニモドキというそうですね。
仕事の時はみんな
「イバラ、イバラ」と略していました。

イバラという名前が付いたのも
見た目のトゲがイバラに似ているから
という理由でついたのでしょうね。

イバラガニの味は?

私は一度だけ
イバラガニの脚を食べたことがあります。

イバラガニの食感は
タラバガニよりも水っぽい感じですが
味はタラバガニよりも濃厚で甘みが強い感じです。
そして一番の味の特徴というのが
後味が少し渋みが残るという点です。

正直渋みさえなければ最高の味なのですが
ちょっと惜しい点です。

またイバラガニのメスの卵巣である内子は
「ウニに似て、ウニではない不思議な旨さ」
と形容されています。

余談ですが、元店長はお酒大好きなので
イバラガニの内子も外子も食べてみたいです(笑)

今までタラバガニの外子は
食べたことありますが内子はまだ未経験なんですよ><

イバラガニはタラバガニの代わりとなるか?

イバラガニは特徴でもあるトゲと殻が硬く
食べずらいうえに加工も他のカニより難しいです。

知名度が低いのと、さほど数が獲れない事もあり
タラバガニの代わりにはなりえないのが現状です。

北海道羅臼町でイバラガニのクラウドファインディング

カニ通販業界でも影の薄いイバラガニであります。
しかし、現在は北海道羅臼町でクラウドファインディングで
イバラガニの普及を目指しています。

これは形を変えた通販と言える感じですかね。
ここで資金を募ってその資金を活用して
更に珍しい食材の調達をするようですね。

5,400円を寄附することによって
生冷凍のイバラガニのビードロカットした
殻を半剥きしたイバラガニ800gがもらえます。
しかも、送料も込みということなので
かなりお得にイバラガニを手に入れることができますね。
しかし、現在は募集が終了してしまいました。

南米アルゼンチンにいるイバラガニ

南米アルゼンチンにイバラガニとよく似た
ミナミタラバガニというカニがいますが
こちらはタラバガニ漁も盛んに行われて
日本にもいくらか輸入されているようです。

ノルウエー産のタラバガニと肩を並べて
アルゼンチン産のミナミタラバガニも
ロシアのタラバガニの穴を埋める存在に
なるかもしれませんね。

ミナミタラバガニは現在カニ通販でも
取り扱っていうる店が出てきたところですね。

ミナミタラバガニの通販
楽天市場 グルメの王様 ミナミタラバガニ

ちなみにみなさんは
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ以外で珍しいカニを食べたことはありますか?