北海道では本ズワイガニは獲れない?

ズワイガニ 北海道

日本で獲れるズワイガニといえば
北陸や関西、山陰地方の日本海で獲れる
オリビオ種のいわゆる本スワイガニが
一般的に獲られています。

越前ガニとか松葉ガニなど
ブランド化されているのが有名です。

私が勤めていたカニ屋では
ズワイガニといえばロシア産や
カナダ産、アラスカ産などの輸入した
ズワイガニしか取り扱ったことがありません。

何となく北海道といえば
カニ王国のようなイメージがありますが
いわゆる本スワイガニというかには
ほとんと獲れなくて流通していないのが
北海道の本スワイガニ事情です。

北海道のズワイガニといえば紅ズワイガニ

北海道のズワイガニといえば
紅ズワイガニです。
北海道の日本海側の利尻礼文沖や江差沖の深海を
カニカゴを使って漁をします。

ズワイガニ 体色
通常のズワイガニというのは
生きている間は体色が褐色で
茹でるとオレンジ色や赤くなります。

北海道 紅ズワイガニ
紅ズワイガニは生きているときも
紅色ということもありその名がついています。

紅ズワイガニがこんな目立つ色をして
外敵に狙われないかと心配になりますが
紅ズワイガニが棲んでいる場所に秘密があります。

本ズワイガニは水深200m~600mに棲んでいて
紅ズワイガニは水深500m~2500mもの深海に棲んでいます。

赤色というのは光が当たらないと
黒化してしまうので深海では紅色が
目立たなくなるわけです。

また、この記事を書くために調べたら
面白い動画も偶然発見しました。

紅ズワイガニはメタンの湧き出る場所が
大好きというものです。

メタンが湧き出る場所に発生する
バクテリアをエサに集まっているようですね。

紅ズワイガニと本ズワイガニを食べ比べると

紅ズワイガニは身に水分が多くいため
水っぽいという特徴があります。
水っぽい感触ゆえに本ズワイガニと比べると
味という点ではどうしても見劣りしてしまいます。

カニ屋店長のショップでも
ボイル済みの紅ズワイガニ姿や
生冷凍の紅ズワイガニ脚ポーションを
売っていましたが、値段も安いのですが
知ってか知らずかなかなか売れないものです。

ただ紅ズワイガニは缶詰やむき身、加工食品で
大活躍しているカニでもあり
実は知らずのうちに食べているカニが
紅ズワイガニというのも事実だったりします。