※この記事は約3分で読むことができます。

カニの添加物

食の安全というところを考えると
添加物の有無に関心が出ると思います。

基本的に加工食品というのは
日持ちさせるために保存料や防腐剤
見た目を良くするのに着色料や発色料

その他もろもろありますね。

カニ通販の冷凍のカニには添加物が入っているか?

答えは半分ホントというのが答えです。

冷凍のカニで添加物の入っているカニは

こちらでは添加物の入っているカニについて語ります。
ズバリ冷凍のカニで添加物が使われているのが
生冷凍のズワイガニやタラバガニです。

現在生冷凍のカニというのは酸化防止剤やpH調整剤が使われています。
このカニによく使われている添加物について詳しく説明しますね。

 

生冷凍で使われる酸化防止剤の詳細

生冷凍に使われる酸化防止剤はだいたい以下のとおりです。

  • ビタミンC
  • 亜硫酸ナトリウム
  • エリソルビン酸ナトリウム

ビタミンC

酸化防止剤としてビタミンCが使われていますが、ビタミンCはお馴染みの栄養素です。
時々V.Cとも表現されることがあります。
ちょっと省略しすぎじゃねーかと思いましたね(笑)

亜硫酸ナトリウム

亜硫酸ナトリウムは化学式Na2SO3の無機化合物です。
亜硫酸ナトリウムは酸化防止剤としてワインに使われていたり、ドライフルーツの退色を防いだり、肉類を保存する際の防腐剤として使われます。

エリソルビン酸ナトリウム

エリソルビン酸ナトリウムも酸化防止剤として使用されます。
発ガン性は認められないが、変異原性の疑いがあると言われています。

 

ビタミンCはともかく、亜硫酸ナトリウムやエリソルビン酸ナトリウムは危険性を指摘しているものがありますが、明確な危険性については見つかりませんでした。

生冷凍のカニに酸化防止剤が使われている理由

普段口にするものは添加物なんか入っていないに越したことはないですが、現状は致し方ない面があります。

というのも
生のカニ肉というのはとても酸化しやすいためです。
特に生のズワイガニというのは生で放っておくと酸化してしまい黒く変色してしまいます。

 

カニ 変色

このように写真では一部が黒変してますが時間が経つと全部が黒くなります。
一応黒変していても食べられますが見た目がものすごく悪い上に身が酸化していてカニの旨みが流れ出てしまうために美味しくないです。
生冷凍のズワイガニやタラバガニは酸化防止剤といった添加物が使われていますが、カニを乾燥から守る氷の膜のグレースで使われます。
そのため添加物が使われているのは氷の表面部分ということになるので、流水解凍で素早く解凍することで大半が流れ出してゆきます。
また、カニしゃぶやカニ鍋で加熱することにより毒性が飛ぶと言われているので、さほど神経質にならなくてもいいと思います。

 

生冷凍のカニの解凍はこちらの記事を参照してください。

 

ボイルしたカニは無添加なの?

冒頭で冷凍のカニで添加物が使われるのは生冷凍のタラバガニやズワイガニなどを言いました。
カニの身はボイルなど熱を加えることで、カニの身が酸化することがなくなります。
そのため
ボイルしたカニに含まれるものは、食塩だけが使われているところが大半です。

 

私が店長をしていた時もお客さんからの問い合わせで、添加物について相談されたことがありました。
やはり、お客さんの中には添加物を取ることに抵抗がある人も多いですからね。
そのときはボイルしたカニを提案して買ってもらいました。
添加物について怖いなと思う人はボイル冷凍のカニ姿やカニ足を買うと安心して召し上がれると思います。

 

北海道旭川市の最北の海鮮市場はタラバガニとズワイガニの切り脚のセットなどいかがでしょうか?
最北の海鮮市場ではボイルしたズワイガニに強いショップとなっています。


最北の海鮮市場 カニ通販
最北の海鮮市場公式サイトへいく

カニ通販 ランキング


カニ 通販
食材・食品ランキング

カニ通販 ランキング
元カニ屋店長オススメ カニ通販ランキング


楽天 カニ
【知らないと損する】楽天ポイントの裏技