カニ通販で送料無料で考える販売戦略

カニ通販の送料について

カニ通販に限らずに
通販で切っても切れないのが送料となります。

アマゾンに限らずに
通販の世界では送料無料が大正義で
送料を取るところは悪という風潮があります。

現在はアマゾンから発送しているものは
2000円以上で送料無料になります。

それに対して
送料が別途にかかってしまうショップは一気に買う気が失せると思います。

すると
「このショップは送料で儲けてる!」

と、怒りを感じるかもしれませんがそれはそうでもありません。
今回はカニ通販に限らずにつき物の送料について語りますね。

[ad]

アマゾンの送料無料の事情

客観的に考えると
アマゾンみたいな巨大な市場はヤマト運輸や佐川急便といった
宅配業者には魅力的なものとなります。

たしかに
アマゾンという市場はとてつもなく巨大ですが
運賃をメチャクチャ買い叩かれているのは周知の事実です。

ついこの前は
アマゾンの配送を佐川急便が請け負っていましたが
佐川急便が採算が取れなくてヤマト運輸に取って代わられました。

ヤマトは現在、年間17億個超の宅急便を配達する。アマゾンの荷物はその2割にあたる約3億個。
最大手の荷主ではあるが、運賃は約250円と業界で最も安い水準。同社の平均運賃単価である570円台と比べると、アマゾンの安さが際立つ。

文春オンラインの記事によると
アマゾンの運賃は約250円で平均運賃単価が570円台で
通常価格の半分以下の運賃で荷物を引き受けているわけです。

単純に考えて
1個250円で宅配してくれるって
異次元な安さだと思いませんか?

(ちなみに一般人がヤマト運輸で一番小さい60サイズで同じエリアで荷物を発送すると756円かかります)

しかし、アマゾンの配送を佐川急便から勝ち取ったヤマト運輸も
増えすぎた荷物と比例して再配達も増加して配送ドライバーが疲弊しているのは周知の事実です。

当然ながら各通販業者がヤマト運輸や佐川急便で
払っている運賃はそれぞれ宅配業者との交渉によって決まります。

アマゾンのように巨大な市場は
強気に出て運賃を買い叩くことも可能です。

しかし
交渉力の低い通販ショップは
全然運賃は安くならないわけです。

そのため、小規模な店や運送業者にナメられている店というのは
送料を高くせざるを得ないわけです。

また
送料には運賃以外にダンボールやビニール袋などの
梱包費も込みで送料を設定している店もあります。

カニ通販の送料無料は大正義?

それを踏まえて
カニ通販のショップにあてはめてみますね。

カニ通販で精力的に売っている店
楽天市場やヤフーショッピングでカニを売りまくっている店は
カニセットの大半が送料無料です。

そして、カニ通販のサイトで
ヤル気を感じられない店ほど送料を別途取っています。

では送料無料が大正義かというと実はそうでもなかったりします。

基本的に
送料無料のカニセットというのは

商品代金の中に送料が含まれている

ということになります。

それは仮に
送料無料のカニセットを3つ買ったとして
同じ住所に配送したとします。

すると
1つの梱包にして指定場所に配送されますよね?

そうなると経費の面から考えると
ダンボールなどの梱包資材と
運賃が1つ分で済んでしまうわけです。

3個のカニセットを
1個口に梱包してちょっとやそっと
ダンボールのサイズが上がったとしても
かなりの発送経費が削減されます。

送料無料のカニセットの通販で
2個セットや3個セットが
ものすごく割安になる理由というのも
送料が絡んでいるのが理由です。

送料を取るカニ通販は悪なの?

前述の送料無料のカニセットでは
複数の商品を買ってもらうことで
送料無料というものを逆手に取って
商売をしています。

そういう意味では
送料無料が多いショップというのは
エグイ商売をしています。

カニ通販 送料無料

例として
上の毛ガニがそれぞれ下記の送料だったとして

Aのショップ送料無料
Bのショップ送料が1000円

仮に、毛ガニの値段が
Aのショップが4,000円
Bのショップが3,000円

たったとしたらどっちも
毛ガニ+送料の合計金額が4000円となり
もうどっちがエグイかとか比較できないわけです。

そして
カニのような定価がない商品はどっちのやり方を取ったとしても
別に非合法ってわけではなくそれぞれの店の運営方針となるわけです。

2014年に消費税が5%から8%に増税しましたね。
そこで増税に合わせて値上げをした小売店は多かったと思います。
それを猛烈に批判している人がいますがそれは考えが浅いです。

小売店はメーカーや卸問屋を経て商品を仕入れしています。
メーカーが値上げをして
卸問屋が値上げをされてきたら
小売店も値上げせざるを得ません。

今の小売店はいろいろなライバルがいて
価格競争というチキンレースを繰り広げています。
そうして苦し紛れに値上げをしても経営はラクではありません。

私の勤めていたカニ通販ショップでも2014年の消費増税で
価格を大幅に見直して大多数の商品を値上げを行いました。

値上げをした結果が
売上が前年対比60%まで落ち込んでしまいました。
この売上の落ち込みは12月で取り返したので結果オーライでした。

私にとって2014年というのは厄年が重なったこともあって
何やら因果みたいなものを感じずにはいられませんでした。

カニ通販の送料のまとめ

現状のカニ通販のショップというのは
送料無料商品の品揃えの多い店と
完全に送料別の商品だけの店に分かれています。

送料無料が大正義だとか
送料を取っている店はダメな店とか
一概には言えないんですよね。

アマゾンだろうが小さい店だろうが
商品を発送したら運賃がかかるし

運賃よりも目に見えにくい
ダンボールや発泡スチロール箱など
梱包資材もタダではありません。

この記事で言いたかったことは
送料で儲けてけしからんとか批判しているわけではなく
元通販業界に関わった者としての現状を語ってみました。

ちなみにみなさまは
このカニ業界の送料についてはどう思いましたか?