毛ガニ 重量
毛ガニ姿やズワイガニ姿を通販で買うとき

毛ガニ姿440g前後とか、570g前後とか
中途半端な重量を見かけたことがありませんか?

カニに関わっている業者は常識ですが
一般の方にはあまり知られていない
毛ガニ姿やズワイガニ姿の大きさ規格について語ります。

ズワイガニ姿や毛ガニ姿の規格について

冷凍のズワイガニ姿や毛ガニ姿というのは
基本的に1箱が4kg単位となっています。

4kg箱中にカニが何尾入っているかで
ズワイガニや毛ガニの大きさが決まります。

例えば毛ガニ姿で4kg10尾という単位は
4kgの中に毛ガニが10尾入っていて
重量は4kg÷10=400g前後となります。
規格は以下の図の通りとなっています。

重量規格

尾数

重量

4kg4尾

4尾

1kg前後

4kg5尾

5尾

800g前後

4kg6尾

6尾

660g前後

4kg7尾

7尾

570g前後

4kg8尾

8尾

500g前後

4kg9尾

9尾

440g前後

4kg10尾

10尾

400g前後

4kg11尾

11尾

360g前後

4kg12尾

12尾

330g前後

図を見るとわかりますが
尾数が少なくなるとサイズが大きくなって
尾数が多いとサイズが小さくなります。

だいたい毛ガニ姿やズワイガニ姿の
ネット通販やスーパーのチラシなんかも
だいたい図の右側の重量になっているはずです。

また、重量が360g前後とか400g前後とか
重量の後ろに前後という言葉が入ります。

つまり、カニの姿の重量というのは
400g前後ということはだいたい
1尾が380g~440gということになります。

私がカニ屋店長をやっていた時に
バカ正直に1尾1尾重量を測ってみて
重量のバラツキを調べたことがあります。

基本的に
規格よりも重量の軽いカニは
少ないのですが全くないとは言い切れず
ごくたまに規格より軽いものも存在します。

また、4kgという規格なのですが
きっちり4kg入っているわけではなく
だいたい正味の重量は4.2kg位なので
規格の重量よりも少し重いものです。

ただし、冷凍のカニの場合は解凍をすると
約10%が流出するのでそれを加味してますね。

ズワイガニ姿は例外もある

ズワイガニ姿や毛ガニ姿は
基本的に1箱4kgが多いのですが
ズワイガニ姿については製造業者によって
わりとバラバラな場合も多いです。

1箱4.5kg○尾とか1箱5kg○尾など例外なこともあります。

カニの姿や脚の重量と召し上がり人数について

カニの重量は上記の通りですね。
でも重量と召し上がり人数が困りますよね。

そこで、カニの重量とお召し上がり人数を表にしてみました。

重量

召し上がり人数

400g以下

1人前

500g前後

1~2人前

800g前後

3人前

これは毛ガニもズワイガニもタラバガニも大体一緒ですね。
この表を基準にすると並の大人が食べる召し上がり人数となります。

これが重要なことですが
小さいサイズのカニは大きいカニよりも殻剥きの手間の割に
カニ肉が少ないんですよね^^;
小さいカニの身をほじくり返している手間もカニを食べる
楽しみと割り切るといかもしれませんね(笑)

基本的にいずれのカニもサイズが大きくなる毎にkg単価が高くなります。
そのため毛ガニの場合は360g前後や400g前後のものが多く流通していて
価格もお手軽になりますね。
毛ガニは1人1尾ずつをみんなで仲良くカニの身もカニミソを楽しむのが一番平和です。

ズワイガニに関しては毛ガニほどサイズの違いで露骨にKg単価は変わらないですね。
セールなんかではむしろ大きいサイズのズワイガニ姿が安くなる場合もあります。

年末年始などで家族でカニを食べるとかお歳暮を贈る際に
参考になったら幸いですね。