※この記事は読み終えるのに3分ほどかかります。

カニ通販でクレジットのカードエラーについて

私は食品会社に勤めておよそ5年ほど
カニ通販のスタッフと店長を経験しました。

ホームページ編集などは手馴れた物ですが
カニについての知識は皆無だったので
最初は覚えることがいっぱいでしたが
1年ほど経つと手馴れたものですね。

今回はカニ通販の支払い方法で一番多い
クレジットカードでカードエラーが出た場合の
体験談を交えて語ってゆこうと思います。

カニ通販の支払い方法No.1はクレジットカード

私の勤めていたカニ通販ショップでは
クレジットカードでの支払いが一番多かったです。
楽天市場なら楽天カードを使うことでポイント+3倍
楽天プレミアムカードやゴールドカードでポイント+1倍
こうしてみると楽天カードもポイントをモリモリつけてきましたね。

楽天カードでポイントモリモリしてきた理由が
ヤフーショッピングで2014年の秋より本気を出してきて
ポイントをバラマキが激しくなったこちに起因します。

そんなこともあって
楽天市場やヤフーショッピングでは
クレジットカードの支払い方法を選ぶ注文が
全体の6割ほどにのぼります。

カニ通販の支払い方法はこちらを参照してください。

そこで一定数出てくるのがカードエラーです。

カニの注文が入って注文を取り込むのですが
支払い方法がクレジットカードの場合は
オーソリを確認してクレジットカードが使えるか確認します。

大抵の場合は無事にオーソリが取れるのですが
以下の理由でオーソリNGになることがあります。
私がカニ通販の店長をしていたときの
カードエラーについて説明してゆきます。

限度額オーバー(G55)

クレジットカードのショッピングの限度額を超えてたため
クレジットカードが使えない状態です。
クレジットカードの使いすぎを防ぐのに最適ですが
イザという時にこのような形でストップがかかります。

また、デビットカードを使っていて
デビットカードの残高が足りない時も限度額オーバーになります。

カードエラーが出る大半の理由は限度額オーバーでした。
このカードエラーが出た場合は
引き落とし日に無事引き落とされるか
繰上げ返済をすることで
再びカードがつかえるようになります。

さもなくばカードエラーになった旨を
メールや電話してカードを変えてもらうか
支払い方法を変更してもらいました。

取り扱い不可(G54)

1日の利用回数もしくは金額がオーバーしている場合です。
このカードエラーもわりかし多かったですね。
こちらは翌日になったら使用できるようになるはずです。

無効カード(G61)

無効カードが取引カードとして使用された場合です。
これはカードが新しくなりクレジットカード番号が変わり
旧カードの情報で注文した場合となります。

有効期限エラー(G83)

クレジットカードの登録時に有効期限が間違っている場合です。
大抵はカードを更新した際に新しい有効期限に
更新しなかった場合に起こります。

カード情報を変更して正しい有効期限に登録しなおすと
クレジットカードが使えるようになります。

カニ屋元店長クレジットカードの事故を目の当たりにする

カニ通販 カードエラー
カードエラーが出るのは上記の例が9割を占めます。
大抵は新しいカード情報に変更してもらって
再オーソリすることで解決します。
カードを1枚しか持っていない場合は
代金引換か銀行振込、コンビニ決済など
違う支払い方法に変えてもらいます。

ところがある日にカードエラーが出ました。
そのエラーコードが取扱不可(G12)でした。

このカードエラーの理由というのが
お客様事由・カード会社事由により
カード使用不可な場合に発生する場合です。

このカードエラーが出た注文者に電話してみると
「このカードはいつも使ってたんですけどねー」
と、自分でカードを使用不可にしたわけではなく
カード会社に止められたようだったので
その注文者にカード会社に連絡して確認するように
伝えて新しいカードに変更してもらいました。

12月に事故カードの注文を受ける

ある年の12月の話です。
12月の後半にもなるとカニ屋というのは
平時の何倍もの注文が殺到してきます。
そのため12月のカニ通販はお客さんの対応も
幾分雑になってゆきます。

例えばいつもカードエラーが出てくると
まずはメールでカードエラーの旨を伝えて
カードの変更か決済方法の変更をしてもらいます。

そのお客さんから連絡がなかったら
電話をするのですが12月はそれどころではありません。
メールを送って一定期間連絡がなかったら
こちらから一方的にキャンセルをします。

一定数出てくるカードエラーをメールを送って
メールをした人から電話がかかってきました。

声の感じからして50代以上の男性です。
敵「おたくでクレジットカードでカニを買って、まだ来ないけどどうしたの?」
と、とぼけたことを言って来ました。
「○○様のカードが使えなかったのでカードを変更してもらうか支払い方法を変更するメールを送ったのですが?」

と言うと

敵「あ”-そんなメール来てないけど」
って注文者情報を見てみるとメールエラーで届いていない模様。

敵「それにカードが使えないってどういうこと?」
そこで改めてカードエラーコードを見ると

事故カード(G60)でした。

事故カードとは盗難、紛失によってカード会社で
使用できない状態のカードが使われた場合です。

「○○様のクレジットカードですが事故カードというエラーコードが出ました」
「そこで違うカードを登録するか決済方法を変更していただけますか?」

と、冷静にツッコむと

敵「事故カードって何だよ?このカードはいつも使ってるんだぞ!」

と、イライラしながら言って来たので

「事故カードっていうのが、盗難、紛失によってカード会社によってカードが使えなくなったカードです」

敵「もういいよ!カニはいらないからキャンセルしてくれる?」

と、捨てセリフを残して電話を切りました。

つまりこの注文者というのは事故カードを登録して
カニを注文してメールも届かない状態にしている
詐欺を働こうとしたのかもしれません。
ただ、思いっきりシステムでハジかれたわけです。

このような詐欺未遂にあったのはただの1回きりでした。
クレジットカードだけでもいろいろな出来事がありました。