私はおよそ5年ほどカニ通販の店長をやってきたのですが、昔のことを思い出しました。
かつて楽天市場では楽天懸賞というものがありました。
これはそれぞれのショップが販促のためにプレゼントを出品して当選者を選定するものです。
そのカラクリや懸賞で当たるコツを教えようと思います。

楽天懸賞のシステムと当選確率を上げる方法

私の勤めていたカニ通販ショップでは楽天市場に一番力を入れていました。
商売の基本とは費用対効果の高い販促をすることになります。

そこで、楽天オークションや楽天懸賞に出品をしていました。
残念ながらこの2つのサービスは既に終了してるんですけどね。

 

まずは、楽天懸賞がショップにどのようなメリットをもたらすかを説明しますね。
私のショップはカニ屋ということもあってカニを出品していました。

それは年に1回の創業祭の時だけですけどね(笑)
それ以外は月に一回、1,000円程度のものを出品していました。
すると、毎月4,000人前後もの応募がありました。
応募締め切りした後に当選者を選定して、当選者発表のメールを送信します。

 

そう、この当選者発表メールがショップの集客のキモとなります。
どういうことかと言うと、当選者発表メールにクーポンを付けたり、タイムセールを開催したりしてアクセスを呼び込むのです。
当然ながら、懸賞の当選者発表後の2日間はアクセス数がいつもの3倍以上になっています。
それは、当選者発表メールにリンクを貼って、このページを見てねと誘導しているからです。

 

カニ屋ということもあって、12月以外に当選者発表しても売上に直結することはなかったですね。
しかし、毎月継続して名を売るという名目で出品し続けていました。

 

懸賞の当選者選定で店長驚愕の事実を知る

私はカニ通販ショップに入ってすぐに懸賞の出品と当選者発表の仕事の担当になりました。
月1回の仕事で、しかもわりと複雑なことをやっていたので最初は戸惑いましたね。
そこで、当選者発表の日に教えられながら作業をしたのですが、4,000件のうち1人とか数人当選者を決めることになります。
私もかつては雑誌の懸賞に何度か応募したのですが、こりゃ生半可じゃー当たらないなと思いました。
なんせ、確率がメッチャ低いじゃないですか?

 

そして、それは予想できたことなのでそれほどビックリしませんでした。
それ以上にビックリしたのが、多重応募している人です。

懸賞の必勝法としてはたくさん応募したらそりゃー当選確率は上がりますよね。
だから、楽天市場のアカウントをたくさん作って応募すると当選確率があがります。
その多重応募している人がハンパ無く多かったのでした。

それは一人で1,000個くらいの楽天のアカウントを取得して、応募期間中に少しずつ応募していたのでした。

 

でも、それは名前と一言コメントを見ることで多重応募しているのがバレバレです。
しかし、その名前は名字は同じですが、名前は全部違うおそらく架空の名前を付けていました。
これを楽天懸賞をしているショップを巡回して応募するというツールを使って自動で応募していた模様です。
だって、人力だけで1,000件もの応募するとか絶対ありえないですからね。

 

このツールを使った応募は最初こそ当選しまくっていたと思うのですが、スグにバレて多重応募を無視して当選者を選定するようになったので、とたんに使い物にならなかったと思います。
応募こそツールを使っていたと思うのですが、楽天アカウントはたぶん手動で作っていたものと思われます。
本当にご苦労様でした。

 

カニ屋店長が教える懸賞の当選確率を上げる方法

前述のとおり露骨な多重応募はバレちゃうので良い子のみんなはやっちゃダメですよ。
でも、5件くらいの多重応募ならバレないと思いますが(笑)

 

そんなことよりも当選確率を上げる方法は一言コメントにあります。
懸賞の当選者を決めるという行為はあたかも神が迷える子羊を導くかのような感覚におちいります。

ということは、応募者は当選者を決める神に好かれる一言コメントを書くことにあります。
当選者というのは完全なランダムで決められることは絶対ありません。
私が当選者を決める上で絶対に当選者にしなかったコメントはこれです。

  • 空欄
  • 「どうせ当たらないんだろうな」などウジウジしたコメント
  • 「当たれ」とかいう一言コメント

実際に当選者選定をして上記のようなコメントをしている人は多かったですね。
空欄っていうのが楽天懸賞をしていてコメントを入れ忘れて応募しちゃったってのもあるんですが論外でしたね。

 

では、どのようなコメントが当選確率が高くなるかを説明しますね。
まず、ショップのスタッフの労をねぎらうようなコメントは当選確率が上がります。
特に、店長の名前や担当者の名前がわかるならば絶対にコメントに盛り込みましょう。
これで担当者の目に止まるとかなり高い確率で当たります。

 

そして、自分のパーソナルな話題をコメントしてみるとか。
例えば、「先日結婚をしました」とか「子供が誕生日になりました」などをコメントするのです。
そうすると「お祝いとして当選者にしようかな?」って思うのが人情です。
ウソでもいいのでコメントするといいですよ。

 

そして、熱意の高いコメントは当選確率が高いです。
カニ屋の懸賞ならばカニがいかほど好きとかショップのことを褒めちぎるとか
熱意の高いコメントが担当者に伝わると当選確実ですね。

この3つの要素を組み合わせると当選確率は10倍以上に高まります。

 

発送をもって発表に代えさせる懸賞はダミーの確率高し

よくテレビでの懸賞では
「当選は発送をもって発表代えさせていただきます」
という、ものがあります。

これは当選発表はしなくて、届かなかったら外れだし、届いたら当選だよ。
という代物となっています。

 

本当にこれは便利な言葉で、「当選者の発表なんかいたしません」などと露骨に言っちゃうと
「本当は賞品なんて用意されてないんじゃないの?」
などと思われないようにする言葉となっています。

 

かつて、フジテレビ社員の井上博昭氏がツイッターで煽ったところ鬼女に住んでいる家や車を特定された事件があります。
そのドサクサで自身の担当していたF1グッズの懸賞品をヤフオクに横流しまで発覚してしまいました。

 

またエフエム佐賀も同様な形で懸賞を行っていたが、プレゼントのキリンビールを当選者に発送していなかったことが明るみに出ました。
当のビールは更衣室に保管されて、スタッフの宴会に使われた可能性が高いと言われています。

 

このように発送をもって云々は非常に懸賞としての怪しさが倍増されています。
とはいえ、当選者発表されている懸賞も怪しいものですね。

秋田書店が読者プレゼントの当選者を水増しして当選者を偽名ででっち上げたことがあります。
これは担当者が上司の指示によって行われていたのですが、編集長に異議を唱えると
「上から言われたことを聞いて、文句を言わずに黙って仕事をしろ」
と言われて不正を続けることを強要されました。

その担当者はパワハラや長時間労働で心身が疲れて休職することになったのですが、読者プレゼントを発送せずに盗んだとして懲戒解雇される事件がありました。

 

楽天懸賞のシステムと当選確率を上げる方法のまとめ

今回はカニ通販店長時代を思い出して楽天懸賞について書いてみました。
ぶっちゃけると、楽天懸賞に応募してくる人は多重応募を含めて
プレゼントが当たらないかなと思うだけで売上に繋がったかと言うと疑問が残ります。

楽天市場でも多重応募が横行しているのかサーバーに負担がかかるのか、懸賞のサービスを止めてしまいました。
とはいえ、この懸賞の当選確率を高めるというテクニックは雑誌やネットでの懸賞で必ず効果を発揮します。
懸賞マニアの方にこの記事が参考になれば幸いです。

 


カニ 通販
食材・食品ランキング

カニ通販 ランキング
元カニ屋店長オススメ カニ通販ランキング


楽天 カニ
【知らないと損する】楽天ポイントの裏技